自分で行う全身脱毛

様々な方式がある家庭用脱毛器

自宅で行える全身脱毛の方法で代表的なのが、家庭用脱毛器を使うというものです。家庭用脱毛器には様々な種類が存在し、エステサロンなどで行われているフラッシュ脱毛と同じ原理なのが光脱毛器です。メラニン色素に反応する特殊な光を照射するというもので、照射範囲が広いため短時間で脱毛できるというメリットがあります。一方で、剛毛の方の脱毛に適しているのがレーザー脱毛器です。レーザー脱毛器は出力は高いですが、光脱毛器と比較すると一度に照射できる範囲は狭いです。なお、光脱毛器は様々なメーカーから販売されていますが、レーザー脱毛器を取り扱っているメーカーは多くありません。その他に発毛因子に作用するバルジ式脱毛器や、毛を焼き切るサーミコン式脱毛器などがあります。

自作も可能なワックス脱毛

ワックスを肌に塗り、それを引き剥がすことによって毛を抜く脱毛方法のことをワックス脱毛と言います。中でも近年注目を集めているのがブラジリアンワックス脱毛です。ビキニを着る際にムダ毛を処理するために行われるようになった方法であり、ブラジルがTバック発祥の地であることにちなんで名付けられたと言われています。ブラジリアンワックスは様々なメーカーのものが市販されていますが、砂糖を使って自作することも可能です。なお、ワックス脱毛は毛を引き抜く時に痛みがあるのでその点は注意が必要です。ワックス脱毛の直後は肌が荒れやすい状態になっているため、脱毛をした当日はお風呂に入らずシャワーだけで済ませることをおすすめします。その後も保湿剤などによるケアが重要です。